内側からの広がり

アサナ(ポーズ)を行うとき、常に体を伸ばし広げるようにします。体の内側から広がりを作ることで、関節、骨、内臓までもスペースが生まれます。そのスペースによって、個々の本来の働きを取り戻そうとします。

加齢は間違いなく体の様々な場所に硬さを作りますが、「Never Give Up」あきらめない! ヨガの練習を続けるときっと健康で入られますよ!